アトピーはアレルギーだけが原因とは限らない
アトピーの多くは医原病?

アトピー性皮膚炎はアレルギー性の疾患と皆さん思いがちですが、実はそうでない場合の方が多いのではないかと分子整合栄養医学では考えています。確かに気管支喘息を患っている方の皮膚炎の場合は、アレルギーによる皮膚炎の方もいらっしゃいますが、アトピー性皮膚炎として治療をされている方の大半は皮膚をつくる何らかの栄養素の不足が皮膚炎や湿疹の発端ではないかと思われます。

湿疹や皮膚炎がでると、患者さんは多くの場合皮膚科を受診します。湿疹や皮膚炎で皮膚科を受診するとお約束のようにステロイドを処方されてしまいます。ステロイドには、皮膚萎縮(皮膚を薄く弱くする)、易感染性(細菌などが感染しやすくなる)、副腎萎縮(副腎皮質ホルモンを作る副腎の機能を低下させる)などの副作用があります。

長い間ステロイドを塗っていると、これらの副作用の影響で、本格的な皮膚炎に進んでしまいます。今まで塗っていたステロイドでは赤みや痒みを抑えられなくなり、また皮膚科を受診すると、医者は「きちんと指示通り薬を塗っていますか?しっかり塗ってください」と患者さんを叱ります。そして前より強い力価のステロイドを処方され、まじめな患者さんは医師の指示通りせっせせっせとステロイドを塗ります。こうしているうちにますます皮膚炎が重症化していってしまいます。アトピー性皮膚炎は医原病であるといっても過言ではないのです。

健康な皮膚を取り戻すためには、まずステロイドやプロトピック軟膏から離脱をしなければいけません。離脱をする場合、リバウンドが起きますので、リバウンドを最小限に抑える副腎強化のための栄養療法も平行して行う必要があります。また皮膚を健全にするためには、タン白質やビタミンAなどの栄養摂取も必須です。副腎強化のために高濃度ビタミンc点滴をするのも有効です。

  • ステロイド、プロトピック軟膏は対症療法
  • アトピーの原因は栄養欠損
地図